はっしゅろぐ

主に本、映画、旅行、音楽の話をします

映画

劇場版「夜は短し歩けよ乙女」を見た話

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』を読んだのは大学2年生のころだったように思う。『四畳半神話体系』も合わせて読んだと思う。森見によるこれらの作品群は、「京都での学生生活」なるものへの憧れを掻き立てた。当時の僕は、ちょうど恋心を拗らせた時期でも…